あれから色々と頑張りましたが、EDは長引かせるのが一番いけないと思ったので、とりあえず勃起力を取り戻すためにED治療薬に手を出すことにしました。

前回のいきさつはこちらから>>もしかしてこれがEDかと思った瞬間

ED治療薬を手に入れるには、病院処方の他に通販で購入することができます。ただ、日本では薬事法によって国内で薬を通販購入する際には処方箋が必要になるようです。

病院に行くのはなんか恥ずかしいし、どうしようかと思っていたのですが、個人輸入代行サービスというものを見つけてなんとか解決。

個人輸入サービスというのは海外から直接ED治療薬を取り寄せるのですが、それを代行でおこなってくれるサービスのことです。

海外から直接輸入する分に関しては薬事法的にもひっかからないので、大丈夫とのこと。

要するに海外通販ということですね。

シアリスジェネリックのタダシップというものを購入

そういうことで、海外から取り寄せたのはタダシップというED治療薬。

最初は王道であるバイアグラとかにしようと思ったんですけど、色々調べてみたら、バイアグラはどうも日本人の体には強いらしく、錠剤を半分にして服用すれば日本人にも合うんですが、それをするのが面倒だと思ったし、

なによりバイアグラは食事の影響を受けるとのことで、いちいちタイミングを気にしないといけないのもなんかめんどくさいと思ってバイアグラをやめシアリスジェネリックであるタダシップにしました。

持続時間がすごいぞ!タダシップ

男性タダシップって聞いたことあるひとはほとんどいないと思います(聞いたことがある人はおそらく同志)。タダシップはシアリスのジェネリックなのですが、シアリスはED治療薬の第三世代と言われています。
初代がバイアグラ、第二世代がレビトラ(即効性に長けているそう)、そして第三がシアリスです。

このシアリスの特徴は、効果の持続時間で、なんと最大36時間も効果が続くらしいんです。
バイアグラが大体5,6時間って言われているので、約6倍ぐらいの効果ですね。

タダシップはそんなシアリスの効果もありつつ、ジェネリックなのでお手頃価格なんです。

それにシアリスはウィークエンドピルとも呼ばれ、コンセプトが「週末に恋人と楽しい人時を」みたいな感じだったので、まさに自分にうってつけと思ってタダシップを購入しちゃいましたね。

食事の影響もほぼ受けないみたいだいし、これから積極的に使っていきたいと思っています。